商用利用も可能?条件クリアできるフリーのWebFontを活用しよう!

フリーで利用することが出来る魅力的なフォント

インターネットホームページを作る時には、フォントをどうするかが問題になることがあります。フォントはユーザビリティーに係る部分で、それが見辛いものだとサイトのデザインやコンテンツが良くても、来訪者が一見で去ってしまう可能性も出てきます。なので、サイトを構築する時には見やすいフォントを探していくことが重要になってきます。
さらに、そのフォントについてですがフリーのWebFontを使う方法も便利です。フォントは有料で販売されているものもありますが中には無料で配布されている物も沢山あります。お金をかけないで魅力的なフォントをWebサイトで使用したいならWebFontを活用して、こだわりのフォントを選びましょう。

CSSを使えばすぐにフォントを変えられる

また、CSSを活用すればすぐにサイト全体のフォントを変えることも可能です。HTMLタグでフォントを変更することも可能ですが、サイト全体のフォントをそれで変えるのは骨が折れる作業ですし、無駄な労力がかかってしまいます。しかし、CSSを活用すれば数分もかからない時間で簡単にサイト全体のフォントを変更できます。作ったホームページのフォントを変える時にはCSSを弄って変えましょう。
ちなみに、WebFont提供サービスというものも現在は登場しており、様々なフォントが無料もしくは有料で提供されています。フォントの作者のページからフォントダウンロードするよりも、複数のフォントを一纏めにして選べるWebFont提供サービスが便利です。